シンプルイズ何?

朝晩は少し肌寒くなってきました。


災害が起きるとテレビや講演でひっぱりだこの教授の動画です。
是非お聞きください。
ちなみに2000年のエボオーナーさんで薪ストーブも付けました。
先生とは3.11のずっと前から北見が冬に停電になったらとか
変な話ばかりしていたので、教授は学内での変り者、
僕は業界の変り者扱いで今日に至ります(笑)


で。。。

ちよっとここで北海道の給湯・暖房について真面目に考えてみましょう。


時代の先端をゆく一流ビルダー給湯方式の場合。
1.石炭でお湯を沸かす
2.出た蒸気でタービンをぶん回す。
3.電気を発電する。
4.その電気を高い人件費と膨大な設備コストで家庭に送る 。
5.戸別に送られた電気で今度は
高価なコンプレッサーをぶん回す。
6、その装置でマイナス20度の空気を回収し10気圧まで圧縮し熱を回収する。
7.そんだけじゃ熱が足りないので、同時に電気の力も借りてお湯を沸かす。

8.湯槽にお湯をはる。


最近のエボホームの三流給湯方式の場合
1.石油でお湯を沸かす。 (電気もほんの少し使うけど)
2.湯槽にお湯をはる。



時代の先端をゆく一流ビルダーの暖房方式の場合。
1.石炭でお湯を沸かす
2.出た蒸気でタービンをぶん回す。
3.電気を発電する。
4.その電気を高い人件費と膨大な設備コストで家庭に送る 。
5.戸別に送られた電気で今度は高価なコンプレッサーをぶん回す。
6、その装置でマイナス20度の空気を回収し10気圧まで圧縮し熱を回収する。
7.そんだけじゃ熱が足りないので、同時に電気の力も借りてお湯を沸かす。
8.沸いたお湯を家全体に貼り廻られたパイプに通して
各部屋のパネルヒーターに注入する。


最近のエボホームの三流暖房方式の場合。
1、今日の気分で薪を焚く又は石油を焚く


(笑)


家を建てるときエネルギーコストについて
すごく検討した方も、住むと意外と比較しないものです。
日本人は机上の話を信用しやすい体質ですね。

エコなんちゃら。。

意外とランニングコストが高いことがバレてきてる気が。。

電気は必要です、ガスも必要です。

でも、どの供給先もこう言います。

「俺のだけに全部まとめてくれたら安くするよ」と。。

本当でしょうか。。

信じるか信じないかはあなた次第です(笑)







ということで夫婦円満(笑)




店舗の腰壁に貼る板を塗装して。。



4分割に切断し・・・




綺麗に梱包。



モールディングも買うと高いので
そこら辺に落ちてる余った木を削って作る。




さらに鏡の額縁も作ったら今日もおしまい♪

0 件のコメント
コメントありがとうございます。内容に関係の無い迷惑コメントがあったら教えて下さい。

エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ