長期優良住宅って何?

長期優良住宅=「長持ちするいい家」

長期優良住宅 住まいの履歴書が付いた家 リフォームやメンテナンスによって住みやすさ一新。資産価値も保つことができます。
長期優良住宅は、国が定めた法律「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の基準を満たした家のことです。
長期優良住宅では地方公共団体から「お墨付き」をもらい、減税措置などの金融メリットが受けられます。
この長寿命の家は、一代ごとに建てては壊す生活に比べて、住まい手の住宅コストを下げて、暮らしにゆとりをもたらします
さらに長期的には、公的な「お墨付き」を受けた「長持ちするいい家」が普及することによる中古住宅市場の活性化も考えられます。

長持ちするいい家へ

住宅の平均寿命現在の日本では「つくっては壊す」が家づくりの現状です。

この現状を「いいものをつくって長く大事に使う」
あり方へ変えていく必要があります。

日本の家の平均寿命は約26年。

このサイクルで、つくっては壊しまたつくる「フロー型」の
家づくりは資源とエネルギー、そしてお金を無駄遣いし、
暮らしのゆとりを少なくしてしまいます。

もちろん、「フロー型」の家づくりでは、ゴミも多く出てしまいます。
一方、長期優良住宅で、住宅を長く大事に使い子孫に住み継ぐという
「ストック型」の家づくりは、どうでしょう?

住宅にかかるコストは少なくて済み、その分、自分流に暮らしを楽しむことができます。
また、「長く大事に使う」ことはエコにもつながります。

「フロー型社会」から「ストック型社会」へ 
「ストック型社会」とは
いいものを大事に長く使うことを当たり前にする社会です。


長期優良住宅はまさにストック型社会を実現する
仕組みのひとつと考えることができます。


また、設計図書や契約書類などの基本データに加え、
いつどんな点検を行い、その結果どこに手を入れたのか、
いつどんなメンテナンス・リフォームを行ったのか・・・
などのデータを随時書き込み蓄積していく「住宅履歴情報」が
普及すれば、建物のブラックボックスが少ないため
安心して買えるうえ、建物の品質や性能を比較しやすいため
正当に評価されやすいと言えます。
つまり、売ったり貸したりしやすい家になるということです。