らりほらりほらりるれろ 謎


9/14金曜から9/16日曜までの三日間十勝地方で行われた
ラリー北海道のお手伝いに行ってきました。




お手伝いしたのはこの二人。
りなちゃん(左)としずかちゃん(右)の
女性コンビです。
僕が10年前にお世話になった
チームオクヤマからのエントリーで、
現役当時は奥山社長にもお世話になったし、
りなちゃんとは
今年の一月に糠平湖の氷上レースで知り合い
モータースポーツへの情熱が
なかなか男前の素敵なねーちゃんだと共感したこともあり
全力でお手伝いしてきました。
とは言っても、家を作ること以外は能の無いおっさんは
ひたすら小間使い役で。。。。
大した役にも立たず・・・
ま、いいか・・



初日金曜。
帯広市愛国が拠点です。
スタート前のファンサービスの時間帯。
平日なのに、人、人、人・・・
暇人多すぎ(笑)


りなちゃんチームにもたくさんのファンが!


真ん中のデブ。
僕じゃありません。
昔は北海道の車雑誌オートワンの編集長で
今は全国紙プレイドライブの編集長の伊吹。
僕のことが大好きで(笑)
現役時代は何度も雑誌取り上げてもらいました。
それにしても会うたびにでかくなっている。。。
お互いに(笑)




土曜日。
5時スタート前のコクピット。
ピカピカです。
それにしても椅子の位置が高い。
僕が乗ったら首折れると思う。。。




チーム全体で陸別に移動。
が、、おっさんは使い道無いので
愛国でお留守番。
自衛隊イベントの他、
ユーチューバーイベントなど盛りだくさん。
車嫌いでも楽しめます。
「踊ってみた」のお願いダーリンとか
金曜日のおはようとかのステージが面白い(謎)





十勝の農家レーサーから
非売品のメークインの差し入れ。。
こりゃー旨そうだ~



土曜夜の最終整備時間。
写真は隣のパドックだった今回優勝した勝田選手のマシン。
ラリー終了後には少しお話をさせていただき
インプレッサのセットアップについてご教授いただきました。



チームオクヤマも順調。




動画見つけました。
彼女のマシンはCVTという変速機の持たない
トヨタのアクア。
右足はアクセル全開固定のまま、
左足のブレーキで加減速を調節する特殊な乗り方です。
動画を見てもモデルのねーちゃんが
ちゃらちゃら走っているのではなく
ガチなラリードライバーの走りでした。



日曜の朝。
金曜2時間
土曜3時間
合計5時間の睡眠時間の56歳のおっさん。。
心はハイテンションです。

まぁ、しかし
更に過酷な状況でこの二日間過ごしているのに
りなちゃんの清々しい笑顔はびっくりです。



チームオクヤマのラリーは遊びでも趣味でもありません。
車両開発の仕事です。
トヨタからも開発担当の方が二人付きっきりで
データロガーとにらめっこして
何やらわかんないことを話しています。
更にトヨタからすんごい偉い部長も
今回は付きっきりでいらっしゃってて
本気の仕事モードの緊張感。。。

僕は余計な事を言ったりして、
やらかさないように最善の注意。。
忘れるな。。
ここは建築現場じゃない。。。
僕はただの使用人だ・・
と何度も自分に言い聞かす。。

結果は無事六位という好成績でフィニッシュ。
車のポテンシャルなどを考慮すれば
出来過ぎの成績と思います。

片づけて、19時から帯広の居酒屋で
チーム全員で打ち上げーーーー。。。
ここら辺から記憶が・・・





おまけ。
今回友達になれた学生の二人。
二人とも北大生。水産学部と言っていた。
手前のメガネは学内でも常に成績が下のにーちゃん、
ただし、実家はフェラーリ5台、ポルシェ、BM数台を所有し
父親は5000万円はするランボルギーニウラカンGT3で
レースを趣味にしている大金持ちらしい。

奥の暗いにーちゃんは、将来の職業は教授になるという変な奴。
聞くと学部内の成績は常に一位らしい。

互いに車が好きな親友なんだと。
面白い若者に知り合えただけでも
普段の建築の仕事では出来ない収穫でした。。


そのほかにも、色々エピソード満載の三日間でしたが
詳しく聞きたい方はエボホームにきてください。

あー。。。マジ。疲れた。。





エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ