カレンダーからの検索結果

えぼほん・・

2月26日(月)

昨年秋からぼちぼちやっている
ヘヤー写真集の冬の撮影に、
AKBから建築写真まで何でもこなす
渡辺プロカメラマンに来ていただき
三日間色々撮影していただきました。
東京でぱるるの撮影をしてきたところで
ねーちゃんボケしていると思い、
とりあえず流氷館のチューブ滑りで
目を覚ましてもらう(笑)


で、流氷の船に乗り
オホーツクの冬を満喫!


前回秋にも連れて行った能取岬に行き
冬の厳しさを理解してもらったり。。


ということで、、、
ドローーン!

上空の風が強く、何度も墜落しそうになる。

でも、絶景が撮れましたーー



で。。。
撮影開始。
今回は薪ストーブとか冬の暮らしの撮影がメイン。
なので暗くなってからの撮影が多くなる。

毎度天然で僕を笑わせる奥さんが

「この写真集って顔出るんですよね?」

顔ぼかしの写真集なんて世の中に存在するのだろうか。。(爆)


で、
予算も無いので夕飯はリーズナブルで
超旨いジンギスカンを食べて終了。

繁華街の外れにあるこの建物にナベさんが食いついた。
地元人としては見慣れ過ぎてて何とも思っていなかったけど、
確かに、、なんともノスタルジックな建物です。



 
2月27日(火)

8時女満別着。
二日酔いの老体に寒さが身に染みる・・・
コンクリート打設。。

腰痛い・・



で、北見に戻り事務所で打ち合わせ少々。。
ナベさんが、前回の撮影写真を使って
何となく下書き的な雰囲気の見本を作ってくれた。
まぁ、完成にはまだまだほど遠いですが
雰囲気だけでもと。。
この時点ですごく素敵に仕上がっています。

いや、ナチュラルメイクでこのクォリティー。
盛ったらどんだけ美しくなるのでしょうか♪
ダイヤの原石ですね☆



 

こんな感じに写真に簡単なキャプションを付け加えて 行く感じ。

表紙も含めまだまだ確定しておらず
今回の撮影が終わってからどうなるかが決まってゆきます。


で、、
エボママ本音ガールズトークを
・・

インターネットの口コミによると
お山の大将で、無愛想で、
連絡してもアフターサービスに全然来ないらしい
最悪な工務店のエボホームを本音で語ってもらおうと、
市内のレストランを貸切って
開催。

ここで、長野から年40棟の金持ち工務店社長到着。
僕は彼を「おサイフケータイ」と呼んでます☆

ところでこいつ、何をしたいのか?

ガールズトークには今回ボランティア撮影にご協力いただいた
7棟のママさんのうち6人に参加していただきました。
あと1人
、僕的にはどうしても
参加してほしかった奥さんだったけど
都合がつかず超残念。。。
 

今回撮影に協力していただいたオーナーさんは
あまりにスペック(超豪邸)も年齢(超年上)も違うオーナーさんの1棟を除き、
2015 2016年に建てたお客様で
「彼ら全員の家」7棟を、昨年秋と今回との二回に分けて撮影するわけで
工務店にとって評判の下げない
都合のいいお客さんの家だけを撮影したわけではありません。
ホントはもっとたくさん家を撮りたかったけど
予算が。。。マジに。。




司会は住宅新聞の記者の方に進行をお願いし
僕自身は彼女たちの前から消えて
彼女たちの目につかない、離れたスペースにいました。
何言っているか全然聞こえなかったけど
笑い声がたえず、すごく楽しそうです。
本音トークの記事は写真集に入れますので
その時が楽しみです。

写真集のタイトルも
奥様方の意見も聞いたうえで
「えぼほん」で決定。

後で奥様方からメッセージを頂きましたが
「もっとおしゃべりしたかった」
「出版記念パーティーを開催してほしい」など
複数のご意見を頂きました。

割り勘なら・・・

その後2軒にお邪魔して
サクサクっと撮影。


夕飯は
と言うことで、今晩はおサイフケータイもいるし
フレンチのコースを食べ
「えぼほん」の名付け親の行きつけのスナックで、
誕生日の近いナベさんお祝いをしました。
ピンドンも2本飲み干しました。

ありがとう!
金持ち社長!



2月28日(水)

8時半女満別現場到着。
基礎の墨だし作業を。。。
まぁ、3時間は寝たから大丈夫。。
ただ、、、測量機械覗くたびに何かがこみ上げる。。


で、朝から置戸と訓子府に行き撮影。。
畑の上で足がズホッと(笑)
カメラだけは守る!


夏に撮った大地にポツンの平屋の
雪景色バージョンなど。。



飛行機の時間も迫り
トリトンでお昼。。

そして女満別空港へ。。

三日間超天気に恵まれ
やっぱ晴れ男だなぁ。。僕は。

明日から大荒れらしい。

これで撮影スケジュールは全て終了。
この後、構成、編集をして
デザイナーさんに可愛いのにデザインしてもらい
秋頃完成かなぁ。。

それにしても快く撮影にボランティアで参加していたいた
エボオーナーさんがたには感謝の気持ちでいっぱいです。
ホント僕は幸せ者と実感した三日間でした♪
ありがとうございましたーー☆








 

エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ