カレンダーからの検索結果

避難の指示♪

広島に住む次女の所も避難指示が出た。
向かいに住むおばあちゃんに聞いたら
「ずっと長く住んでるけどここは大丈夫よ」と言われたらしい。
油断は出来ないとしても

数キロ離れたところであり得ないことになっているわけだから、
人生の先輩からのこの一言だけでも心がほっとするね。
スマホをどんだけいじっても
MHKをどんなに食い入るように見ても
信用出来ても安心できる言葉は見つからない。
災害時に一番大切なのは、コミニケション能力と思う。

こういう時に大切と言われる言葉

医・食・住・情・情

「情報」と「情」


父からの指示。
・風呂に水溜めろ
・飲み水確保しろ
・カセットコンロ確認しろ
・携帯の充電と予備バッテリー

もし車で非難するなら遠い指定場所ではなく
隣のイオンの2階駐車場に行け。
0時封鎖らしいけど、
もし0時過ぎてたら勝手にゲート持ち上げて入ればいい
ま、こんな時に帰れとは言わんだろうから
で、車中泊だな。車の水没も免れるし。

と、人とはちょっと違う指示を(笑)


3.11の時、僕は東京にいた。
でも普通に北見に予定通り帰ってきてビックリされた。
多分、人より30分初動が遅れたら3日は帰ってこれなかったと思う。

揺れた当日
電車、バス、タクシーを探し求めるのをあきらめて
人よりも早く野宿を決めて
そのおかげでコンビニは物で溢れてて買いだめしすぎて
良く寝れて、頭もスッキリ♪お腹もいっぱい。
買い物した30分後はコンビニも長蛇の列
外は小雨も降ったりの3月で野宿もままならない状態だった。


翌日も
携帯情報の電車の始発時間なんて無視して
夜明けと同時に駅に行くと
ガラーーンとしたりんかい線の駅に
ガラガラの電車が来て・・・
国際展示場から羽田まで、まあまあすんなりと。。

無事帰ってきて、事の大変さを実感していたせいで
他社より少し早く断熱材、便器、電線などの資材を発注確保。。

北見の建築現場の大半がその後一か月以上止まった。
エボホームは何事もなく
普通に建てていた。。

野宿を決めた少し早い判断が後々大きく変わった。
3日遅れて北見に帰ってきていたら
きっと現場は1か月は止まっていただろう。

人と同じ行動がどんな状況下でも正しいとは僕は思いません。
「少数意見に正論あり」
自分の頭で出した結論を信じる能力が
現代人には乏し過ぎると思う。




エボ築6年。
プチリフォーム中。
扉の枠を取り付けたところ。



道産のタモを加工して作った枠とケーシング。
当然リクシルでは買えません。
この美しい納まり。
他では出来ないだろうな。
だから、どんなに僕のことが嫌いでも
同じテイストでリフォームするには
エボホームに頼むしかない(笑)
 


辛味噌。。
普通においしい。。
でも、やっぱ
白味噌にすれば良かった。





突然ですが金沢のお土産を。
MISIAさんのライブ会場で買いました。
パンダのチョコレートとメモ帳です。
 


僕も暇してますので
「日記見たよ」と声をかけてください。
プレゼントしますね♪












 

エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ