カレンダーからの検索結果

カチカチカバキッチン


キッチンの納期が迫り・・
今日の午後から大工が現場から取りに来る。
急がねば・・

美人アシスタントも緊急招集し
仕上げてゆきます。。

あー、日曜に遊んだからだ。。

写真の作業。。
小さい扉一枚だけ他の扉より4ミリ薄く削る作業です。
今回の材は硬くて癖のある樺。

万一ガクッとなって機械に指が触れたら
次の瞬間何にも感じないで指は吹っ飛ぶ。

十数年前、実際にこの機械で人差し指吹っ飛んだ大工もいる。
キッチン作りは命がけです(笑)




扉の模様を彫る。
通常家具工場ならNCという機械でやる細工を、
ハンドトリマーで彫る。
木が硬くいつも以上に大変。



でけたーーー。
素敵♪
中央の移動式ダストボックスが
今回のキッチンの特徴です。




ということで、美人アシスタントも頑張ってくれたので
ラーメン奢った。
早く冬季限定辛味噌解禁にならないかなぁ。。。


テレビは米倉さんのを。
今回のクールはカンチとリカのといい
弁護士系が多いですね。

あ!

この銀座のバー!

4年前に行った!

懐かしいな。
又行きたいな。。










 

響喜乱舞とジェニーハイ


これ、車で毎日聞いてます。


すげー。


全部入っててとてもお得です。

で、予約している
これ
今のおっさんの楽しみです♪

メイリアさんもジェニーハイも
紅白出て欲しいなぁ。。。



早朝よりチェンソーで枕木と格闘。
階段もうまく行った♪
枕木の両サイドの穴にはお花を植えます。


植栽も桜、春椿、紅葉と。。
何でも自分が関わらんと気が済まない性格・・
こんなの外注して丸投げしておけばいいのに(笑)
あー、疲れた。


という事で・・・
ドローーーーーン!


 

勇気をもらって訪ねてきたよー


リホーム工事現場。
本来建築当時の壁紙を剥がすと
一枚裏紙が壁に残って(写真の白い部分)
その上に新たな壁紙を貼るだけの工事ですが
当時のクロス屋のパテ仕上げが超絶下手くそで
このまま漆喰用の紙クロスを貼ってしまうと
漆喰を仕上げた時に最悪の仕上がりになるという事で。。。。

壁に水をかけて、チマチマと白い部分の裏紙を剥がし、
パテをやり直すという
気の遠くなるような作業を全室。。
本来デコボコでもビニールクロスを貼るのなら
まぁ、素人目にはごまかせますが、
漆喰となるとそうもゆきません。

昔はモデル並みに素敵だった女性クロス職人が
「社長、クロス貼ろうよ」と言わんばかりで作業している。。

「美人で性格悪いのと、ブスで性格いいのはどっちがいいんだ?」
と聞くと・・・
「私、美人で性格いいからわかんないーーー」って・・・

笑えない。

僕は知っていて体に悪い事はできません。
この環境で全力を尽くすのみ。。

チクショー。
24年前にこのクロスを貼った職人。
出てこいやーー!




で、わざとヘタクソな壁下地を作ってもらうも。。
わざとヘタクソに作るのは難しいらしい(笑)


砂を混ぜたり漆喰の配合を散々やり尽くし。。


ま、何とかまーまー綺麗に納まった。
ていうかこれ以上は絶対に綺麗に出来ないし。。



作業場でキッチンと格闘していると。。
「あのーー、アポ取らず来てしまいましたけど
エボホームさんで家を建てたいです
」と・・・
なんか顔色が緊張したおもむき。。(笑)
事務所に案内して話を聞くと、
この頭のいかれた変なエボ日記を見てて、
エボホームに家を頼みたいと思ったらしい・・
更に聞くと
この投稿を見て、
私と同じにビビっていた奥さんが他にもいたんだと知り
勇気をもらい思い切って訪ねてきたらしい。

そんな。。なんで?(笑)

「エボで家を建てたいです。」

確かに重い言葉ですね。
「社長自ら家づくりの全ての部分に関わります」
ホームページに書いてあったこの言葉が
更なる決め手になったらしい。

という事で、一体来年何棟やればいいの(笑)

ま、何とかなるさ。









日曜は最後の土遊び。
天気は良いのに路面はドロドロ。。

相変わらず失敗だらけで
18番にぶっちぎられ。。


今回は足回りを大きくやり直して
絶好調だった全日本選手時代の10年前の雰囲気にしてみた。
が、車は理想に近いものの、
操作性は非常に上級者向けになっており、
運転手が10年前なら優勝できたはずが、
全く乗りこなせず大失敗をやらかして終了。。

又これさ。。もー。

ま、勝ち負けの喜怒哀楽は10年前に卒業して
今は全く気にしていませんが。
本当にヘタクソになったなぁと、感心しました・・



でも、ソフトクリーム美味しかったから幸せ♪



 

恩人。


寒いにぁー。。
薪ストーブ焚いてにゃー


早朝より雨の中枕木設置。。
雨の中ありがとうございます。
僕は用事があるので早々に退散。。



約20年前に発刊された本。
「外断熱が危ない」
当時は空前の外断熱ブーム。
勿論、新し物好きの北見は大ブーム
そんな中、今と変わらず当時も外断熱に消極的だった
エボホームは内覧会とかで多くのお客様に
「えーー、今時外断熱じゃないんですかー」とバカにされ。。
そうじゃないと否定しようとするも
多数決で勝る外断熱派に勝てるわけもなく。。
でも、自分が絶対に正しい自信もあったし・・・



そんな僕を救ったのがこの本でした。
内容は外断熱の完全否定。
いやーー。。勇気が湧いた。


その僕を救った恩人の著者が
この方お茶の水博士!
じゃなくて
西方先生
オホーツク文化を勉強するために
東京の友人二人と秋田からやってきました。
そして僕の現場や工場を見たいとの事。
20年の夢叶い恩人に会えることに♪
エボ現場や、流氷館、モヨロ貝塚をご案内して。。

凄い建築家で知られているはずが
何故かゆるキャラに見える(笑)



この建物を僕のブログで知り、ここに行きたいと。
それが。。
東京の友人と言うのが、業界では激ヤバいじいさんがたで。。
これの
元締め
業界の重鎮の社長・・・

僕はお子ちゃま扱いでした(笑)






 

成長・・・


10年前くらいに、たまに遊んでくれた東京のねーちゃん(右)が、
ガイアのテレビに出てた。
その成長ぶりに驚きました。素晴らしい♪
それに比べ僕はこの10年でどう成長したのか。。。
多分10キロは成長したかもなぁ。。
10年前の写真が出てきた(笑)
左のねーちゃんは、肝っ玉かあさんになりました(笑)



新築現場。
建物自体の外は完成しました。


で、外構工事。
凄く上物のナラの枕木を入手。
あ、鉄道の枕木ではありません。
あれは健康被害など心配ですから今は使用していません。

おりゃーー。

チェンソーと格闘。


上物の枕木は超重く、超堅く・・・
チェンソーの刃も切れなくなる。
砥ぎに自信がなく、冶具に頼って砥ぐ。



近くのジンギスカン屋さんでお昼。
とてもおいしい♪

が、、

一つ問題が。。

昼間からビールが飲みたくなります(笑)


リホーム現場の漆喰練り。
砂を混ぜて作るのだけど、砂の按配に悪戦苦闘。
漆喰職人さんに聞くと、
「大体いい感じに感覚で混ぜるんだー」と・・・
あー、、ムズい。
もう知らない。適当に混ぜてみた。



キッチン製作。
進まない。

あー、疲れた・・・

かわいい椅子♪


モイス完全復活サービス開催中!
モイスは砕いてしまえば、
肥料にもなる優れた建材ですが、
肥料にするまでには
何度も何度も繰り返し使えるのでよろしくお願いします。

朝から続々とお客様が♪
削ると石鹸のいい香りがします。



同時にオーダーキッチン製作中。
型枠を取り付ける。
簡単そうでムズいです。
レーザーで測定して誤差0.3ミリ以内に水平にして・・


エポキシ樹脂を流し込みます。



大成功♪



可愛くて思わず仕入れた無垢の椅子。
ペーパーコードの座りやすさは勿論、
座ると背もたれの角度と形状が絶妙に気持ちいい。
ひじ掛けが無いので、食事中に立ったり座ったりと
忙しいママさんには特におススメ♪
あとはパソコン用とか用途は色々。
樹種は写真のナラとウォールナットがあります。
Revoで座り心地をお確かめくださいませ。
25,000円です。
ペーパーコードは将来張替えも出来るので
一生物の椅子となると思います。


 

レーザートラップ


5年前市内の大学の卒業写真。
医大を滑って入ったゆうこと
滑り止めがコンビニ店員だった次女が無事卒業し・・・


数日後苫小牧まで車ごと連れて行って
彼女らは和歌山に就職した。
(この写真の後、車を降ろし、たった100mで事故る(笑))




そして、月日が流れ。。
結婚し出産し里帰りしてきたよ。
いや、、ママさんかよ。
4人とも太っている(笑)



仕事帰りに看護大の根本教授のとこに遊びに行く。
写真は勝手口の廊下。。
まるでバイオハザードの
レーザートラップのようですね。
厚真の避難所の現状や色々お話を伺う。
非常に勉強になった。
机上と現場の違いは、建築現場も多々あるが
避難所という現場もやはり多々ありますね。
口外できる話は少ないけど、一つだけ。。
避難所で大切なものはたくさんあるけれど、
トイレというものが凄く大切なんですと。
建築現場などで見かける仮設トイレは
臭く、汚く、体勢も辛く。。。
1、トイレに行きたくない
2、水分を我慢する
3、血栓ができる
4、エコノミー症候群になる
という事らしい。
今回の厚真には画期的で
きれいなトイレが入って
避難所でも非常に喜ばれたそうです。
こう言うものに税金を投入するなら
消費税増税も賛成できると思いました。

こう言う観点から考えても住宅建築において
故障が多く停電時にやっかいな
家電便器はやめた方が良さそうですね。


被災地から帰ってきた後も
メディアの対応などでお疲れのようでしたが
遅くまで色々教えていただきました。

災害を想定して建築的に出来ること。。
まだまだ色々考えねば。。




で、次の現場から少しアップデートしようかと。
下手くそな絵ですみません。
停電で動かしたいもの。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、ボイラー
そんな感じかと・・
ただ外部電源を投入するのには
電線を窓から入れなければいけません。

そこで。。

テレビ、冷蔵庫等の回路と
洗濯機、ボイラーの回路をまとめたうえで
各回路から電線を分岐して外にコンセントを取り付けようと思います。
普段は別に何のこと無い外部コンセントですが
停電時はメインブレーカーを切って
外部電源を外のコンセントにつなげは
電気は逆流して、普通に家電が使えます。
別にコストも変わんないしすぐにでも出来ることです。

停電が解消したときに、外部電源を切ってから
メインブレーカーをオンにすれば元に戻るわけで簡単。
外部電源を引くために寒い思いをして窓を開けて入れることもなく
今回我が家で経験したタコ足配線もする必要もありません。

たったこれだけですが、凄くいいアイディアかと。

大使。。


現場。
外壁も仕上がってかわいい感じになりました。
この後は足場を外して外構工事を行います。


鏡橋
「流れる清流を鏡として、我が身を見つめ、
自ら襟をただし目的の岸にわたるべし」 です。

東京から全く異業種の社長さんと従業員の方が
オホーツクにいらっしゃいました。
その会社はJAXAと共同開発で製品を作ったり
数々の特許を取得していて、
まるでリアル下町ロケットのような面白い社長の会社です。
今回新製品の開発にあたり、
どうしても北見を代表するあの会社を
紹介して欲しいとのことで引き受けた次第です。
それ以上は秘密♪
ただ、建築業界に関連しそうな物なので
まんざら興味が無いわけでもなく
そしてアイディアで溢れる社長も面白い方で
楽しく時間を過ごすことが出来ました。

まずは観光案内を。。



流氷館からの絶景。
ところで今年ここに何回来たのだろうか。。。
もう、オホーツク観光大使じゃねーか(笑)





北見と言えばハッカ記念館。
シンメトリーなデザインは今見ても素敵ですね。

戦前世界の7割以上のハッカを製造していた北見。
戦争により食糧難になり国の命令で
ハッカ畑は食料畑に変えられてしまい、
そして戦後は石油などによる合成ハッカのお陰で
北見のハッカ産業は衰退した。

住宅建築もハッカも石油製品のせいで・・クソッ(笑)



築80年。素晴らしい。
タモ材を贅沢に使用した建具など内装も素晴らしい。


この前おっさんが製作した
タモ製の扉。。
なんとんく趣きが似てる気が。
80年経てばこのエボ扉もハッカ記念館みたいになる。
そう考えると楽しみですね♪




木は古くなればなるほど美しくなる。
皆さん冷静にお考え下さい。
これでもビニール建材が良いですか?
石油製ビニールシート建材が80年経てば
恐らく原型すら留めていないと思います。
身近にこんな素敵な木造建築があります。
今一度見学に行って見てはいかがでしょうか?

企業紹介も互いの思いが思いのほか通じ合い
凄くいい形で終えられました。
きっと北見の経済活動にも少しは役に立てたかな。
ま、そんな他人のことより、
今の現場のキッチンの製作が遅れているのが・・・・
あーーー






 


エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ