カレンダーからの検索結果

これからの大予想。。(おまけカンチョーシーンあり)

2月26日

旭川空港に金沢から来る
建築ねーちゃんを迎えに行って動物園。


キリンの子供かわいー♪
人間の子供のよりずっと躾がいい(笑)


恒例。
ペンギンの散歩。
二足歩行と言うだけで
どうしてこんなにかわいいのか。。


氷瀑祭り。


ねーちゃんのへっぴり腰がウケた。
金沢の工務店で営業をやっていて
一月二月で8棟契約したんだと。
へー。それがどうした(笑)
ま、27歳にして。
自費で北海道に勉強に(遊びに)来たことは偉い(笑)


2月27日

今日は長野から年間40棟の工務店の社長さんが来る。
ここ数年この時期に勉強に(本人的には勉強らしい)
ということで、作業場で待ち伏せて、
ねーちゃんが後ろから棒でつついて
かんちょーー
社長さんも思わず
「イエーイ!」と叫んでおります。
大成功。

撮影も大成功!

20人以上の社員さんを抱えて
きっと会社ではコワーーイ
社長さんかもしれないけど・・

イェーイ。。じゃね(笑)

このために早朝から
リハーサルをしたり大変だった。。
一体、いい年して自分の娘より下の
ねーちゃんと何をやってんだ(笑)

この後は現場を見に行ったり
アポなしでオーナーさん宅に突撃訪問したり



夕飯食べて。。


ハニートースト食べて解散。

2月28日

15時の飛行機まで時間もあったので網走へ。
流氷観光船に乗る。



天気も良くて最高♪


で、流氷館へ。
名物のスライダー。。スゲー。

ねーちゃん若いくせに
ビビって滑らねーとさ。

二人とも勉強しに来た甲斐もあったと思う。。



テレビはコレ。
原作とか全然知らないけど
ここでおっさんなりに大予想を立ててみる。

雅志は美和とくっつく。

山下は元妻とヨリを戻す。

そして10年後・・・

的な感じでエンドロール。
順子とユリユリは家庭を築いて
子供抱いている幸せシーンで終了。

そんな事より
こっちの方が気になる・・・



 

ミサワ品質はみんなのものさ。


ズンズンチャン♪
ズンズンチャン♪
We Will WeWill
Rock You!と
にわかクイーンファンも少し静かになったかなぁ。。
で、
コレ見てきました。
いや、CGがヤバいです。



いきなり変な顔をすみません。
彼が最近業界で話題のウッドステーションの社長です。
夕方、彼からご機嫌で電話が来た。
昨日、
大型パネル生産パートナー会
という変な会合が行われた。
業界が腰抜かすような林野庁のお偉いさんを始め
各建材メーカーそして各地域でパネル生産することを
ウッドステーションに認められた企業が
千葉にある彼の会社に集まり大宴会?
を行い大盛況だった話を聞かされた。
友の成功は純粋に嬉しい♪

この会はフランチャイズでもなんでもなく
ま、要するに全国の誰もが特別な資格が無くても
平等に精度抜群の住宅のスケルトン
手に入れることが出来ることを実現する会だ。

誰もがとは・・
工務店
大工
エンドユーザー

が同じ価格でミサワ品質を手に入れられる。


先日建材屋の営業と話をしてた。
配達の若い運転手が辞めて募集してるとのこと。
その賃金を聞いて腰抜かした。
「手取り13万」
年収ベースで200万を少し超えるくらい。。
僕は大工の社会的立場の向上をライフワークにしてきたが、
今、建築現場の末端はそんな事になっている。

僕にも責任はある・・・・


写真は石膏ボードをビューンと搬入しているところ
(トラックの屋号と賃金の話は関係ありません)
大型パネル工法は大工の負担軽減もあるのだが
先日の美幌の現場でもそうだったように
建材屋の配達員が現場の窓から
一枚一枚室内に搬入しなければならない
重たーーーい石膏ボードも
建て込み中にクレーンでビューンと入れることも出来る。。
これは配達員の作業負担の軽減とともに
建材屋に利益をもたらし
(配達が楽になった分、悪徳工務店が値切らない限り)
最終的には末端の賃金にまで影響するはずだ。
(してほしい。)

今後、電気配線や一体型ユニットバスの吊り込みなど
可能性は無限に広がってゆく。

たまたま、ウッドステーションのハゲ社長と友達なだけで
大型パネルはオホーツク地域において
エボホームのものでも何でもありません。

なので質の高いスケルトンをお求めの方は
今ご商談中のビルダーさんにご相談するか
直接ウッドステーションにお問い合わせいただくか
北見の場合は第一木材さんが
年内にはパネル工場を作り窓口になりますので
よろしくお願いします。

僕に問い合わせる場合は
僕から建てることを条件にご相談くださいませ。
ただ、来年秋以降の施工になりますが・・・



という事で、厳冬期停電訓練を。

うまーーーい!


猫の日。
何故か僕の臭いジーパンの臭いが大好きらしい(笑)




 

人目を意識して優柔不断になる。


エボ本も大詰め。
どんどん形になってゆく。
ほぼプロにお任せでここまで来た。

しかし・・

写真会社のアフロさんのマブダチ社長を始め
知り合いの出版やマスメディアのプロも見ることになる・・・
同業や設計事務所の目にも留まるだろう。

「もっと良くならないか」
「同業に笑われないか」

そんなちっぽけなプライドが
自分を優柔不断にする・・・
注文住宅を僕にお任せする
お客さんの気持ちが少しわかる気がした。
だからどうしようとは思わないけど(笑)



冬季限定。辛味噌。
大好きだ♪
ただ最近夕飯時期になっても胃がもたれる。
あー、、胃袋まで経年劣化し始めた。



家の前で半そでシャツのままコンデジで
連日曇り続きの空からやっと現れた、
遅れたスーパームーンを撮っていたら速報が。。

満月と地震の関連性ってあるのかな。。

停電が怖い冬の地震。
被害は最小限であって欲しいと願う




エボ本原稿を持ち帰り。
オーナーさんからの貢物を引っ張り出し、
飲みながら原稿を見る。。

だめだ。。

どうでも良くなってきた(笑)

 

グダグダ男


賃貸住宅の現場。
天井は全室モイスを貼る。
最近の賃貸住宅の新築物件を見ていると
ローコストで作ったことがバレないようにと
まるで安いスナックかバーのような
チャラチャラとした壁紙を貼って
瞬間見た目重視」にした中身のない物件が多い気がする。
賃貸住宅も注文住宅も人が住むのは同じ。
「暖かさ」「使いやすさ」「素材」
実際住んでみてから「ここで良かった」と
賃借人が喜んでくれるモノを作りたいものです。


3LDKの間取りですが、
屋根裏にトランクルームを作っています。
天井は低いものの、窓もあって5帖の広さがあり、
4LDKと言ってもいいかも?


天婦羅定食。
780円(税込み、コーヒー・サラダバー付き)
おススメです。


テレビは深田恭子ちゃん。
グダグダした高校教師と商社マンより
ピンク頭の方が大人という感じ(笑)

そのあとはセブンルール
東京の飲み友ねーさんが出るという事で見た。
この番組。。何故か度々知り合いが出演する(笑)

失敗したら笑われるという
ちっこいプライドを守るため、

「こだわり」という言葉を都合よく変換し
どうでもいい出来ない理由を
グダグダと並べて行動しない男たち。

「とりあえずやってみよう」
「みんなといっしょにやろう」的な
行動力のある彼女たちを見ていると
もう、劣等感しか感じません。

あーあ。女性に生まれたかった(笑)

マジホッケ(笑)


左はまだ読んでませんが
右は半分くらい読みました。
老眼とともに読書が嫌いになりそうです。
中卒で副社長。すげー。。


TOYOTA。
スウェーデンラリー見事優勝です。
タナック速すぎ。
フィンランドへ直行便も復活するみたいなので
来年は行って見たい。。なぁ。。



今更ながら
昨年あたりから後期のあややにはまっています。
当時はミキティ派だったので興味なかったですが
今聞くと凄い歌が上手いことに気づかされます。



義理もマジでもありがたい。
ただ、年のせいか食べきれません。
気持ちだけで大丈夫ですので
よろしくお願いします。


「きっとたくさん頂いているでしょうから」と。。
チョコの代わりにホッケ。
なるほど。とてもいい考えと思いました。
ありがとうございます。

 

違うけど違わないけど違う気が・・・


モーニングセットの試食に。
これで(写真無し(笑))550円。。安すぎ♪
炎に癒されながらのコーヒーは格別です。


エボオーナーさんから大工さんへと
渡された手作りのチョコを持って現場へ。
フレームを大型パネル工法で作った
賃貸住宅現場は内部の造作が行われている。

で、大型パネルを製作したミサワの社員を
千葉と札幌工場から呼んで
気になった事を指摘し色々と要望を出す。
(はっきり言って要望自体はちっこい話)

大型パネルの出来栄えや寸法精度には問題なく
おそらく普通のビルダーなら満足の出来と思うけど
ちょっとうるさいエボホームです(笑)

なんて言うか・・・
1ミリの誤差を左右に振り分けて
0.5ミリに見せるのがエボホーム。
1ミリの誤差をそのまま1ミリで作るのが大型パネル。
どちらも変わりはないものの見た目で差が付く。
許容誤差の範囲だからOKという考えの工業製品。

許容誤差の範囲であれど
いかに綺麗に見せるかがエボホーム。
構造部分はどうせ見えなくなるけど
一事が万事。
その思考が最終的な仕上がりに影響するかもしれない。

整理整頓された大きな建築パネル工場。。
60秒に1枚ペースでベルトコンベアから
流れてくる住宅のパネルに向かい、

一日中ひたすらサッシを取り付ける。
一日中ひたすら断熱材を充填する。
一日中ひたすら合板を貼り続ける。

少しでも手が遅れると目の前の赤ランプが点灯し
早くやれとせかされる。。
そうかといって他の人より
一生懸命手を動かしたとしても
隣の作業員のところにパネルは溜まるだけ。
だからベルトコンベアのペースに合わせて作業する。

何処に建つのか?
何人家族?
素敵な奥様が住むのか?
それとも・・・

そんな事すら想像することなく
ひたすら工場のベルが鳴るまで作業を続ける。

許容誤差もしっかり守られた寸法精度抜群の
工業製品化された住宅部材。

一方、

一度も要求したこともないのに
現場に一服の飲み物やお菓子
お歳暮にビールやバレンタインにチョコまで・・
現場の大工に届けてくれるオーナーさん。
発注者がもてなすという事は
他の製造業ではおそらく見ない光景ではないか。
「誰の家を作っている」
「誰が家を作っている」
必要としている人
必要とされている人
結果同じものが完成しても何か違うという感じ。

いや、違わないかもしれない。
でも何かが違うのでは。。
そんな事を伝えた。

今回の大型パネルはライン方式ではなく
どちらかと言えばセル方式の作り方ではあるが
手間もコストも変わらない中で
まだやれることはあるのでは?と思う。

ま、将来大型パネルを採用した
注文住宅をやる日が来たとすれば
施主さんを工場まで連れて行き
彼らに紹介してから作業に取り掛かってもらおうと思う。



あり得ない量が特徴のこのお店で3人でランチをする。
酢豚定食。
酢豚は4人家族で丁度良いくらいの盛りで、
ごはんより多かった(笑)


時間があったので玄関ドアとサッシのアフターに付き合わせる。
僕の作ったキッチンにウットリの札幌工場職員と
ハンモックでウットリの千葉の職員。

フレームの先のゴール地点(完成品)を見せれたことは
有意義だったと思う。









 

平成最高の名言!


先日ご紹介した
章男社長のメッセージ
素敵な話と思い、ある経営者に教えたら、
やたら参考になったらしく感謝された。
「お天道様は・・・」
最初に誰が言ったのか知りませんが名言ですね。
弊社の大工親方のシンゴの口癖でもあります。
マルハンにもお天道様はいるのだろーーか?

僕もそうありたいと同時に、
現場においても末端の末端の見習いの職人まで
目の届く人でありたいといつも心がけています。


このコーヒーマシンはホントいいです♪
性格はガサツなんですが、
変なところに神経質で、
コーヒー豆も粒単位で入れないと。。。



3か月に一度のドローンの
飛行実績報告書を作成し航空局に送り
ドローンの点検。
墜落したドローンから部品を移植。



Revoは冬休みに入りました。
前から欲しかった錫のタンブラーを
Revoから盗んできた(笑)
錫の容器は富山のあそこがポピュラーだけど
ここのもなかなかいい♪
銅と銀を少し混ぜることにより
100%錫の容器のようにグニャグニャにならない。
これはこれでいいものだ。
あー、冬の風物詩「ど」が・・・


いやーー、、ただ、ただ、、かわいい。。
そし平成最高の明言は。。
「そこにパイがあったから」
僕はそう思う(笑)

 

鏡に映しても同じもの。


本日も軽く20度超え。
という事でエボ界隈でドローーン。
9時のこの時点でもマイナス18度。
手がかじかんでうまく飛ばなせない。。


ただただ、空は青く地面は白い。




あんまりおもしろくないけど編集しました。



ハッカ記念館。
2/9・10の二日間だけのアイスキャンドル。
この建物が大好きで、(多分北見で一番好きな建物かも
)
ちゃんと写真にしておこうと思いながらも
昨年は忘れてて行けず。。。
今年こそはと思ったが、
寒くて面倒になりコンデジで撮影。
何が大変って、
人がいなくなる一瞬のタイミングに撮るのが大変(笑)



ピントが手前に合っていて
写真に奥行きが感じられません
来年こそは一眼レフをと思う。
ま、写真は得意分野では全くなく、
(ていうか何年建物撮っても上手くならず・・)

でも、ちゃんと残しておきたいし。。
空撮もやってみたいものだ。

10年前くらいに解体された
北見の営林署の建物も解体されるまでの
数年はライトアップされていたりした。
素敵だったなぁ。撮っておけばよかった。。

もっと古い建物では北見の鉄道管理局の
建物は凄く素敵だった記憶が。。。


とか思って探していたら見つけました。
素敵な建物だったなぁ。。


大好きな恵比寿ガーデン。
上下左右均等。。


どうやら僕はシンメトリーなモノに惹かれるようだ。




 

あのー。あと一年だけど・・・


例え停電になっても暖かさだけは確保出来る。
そして楽しくて炎に癒される。
快適さは猫を見ればわかります(笑)


お出かけ前。。
築30年のボロ屋敷。。
ま、大体いつもこんな室温。


雪が少なくても日中も氷点下じゃ
パネルの雪も融けません。

経産省が掲げる2020年までに
日本の新築住宅の過半をZEH住宅にするという宣言。
あと一年後です。ほんとうにそうなるのでしようか?
僕はやはりそのベクトルが違うんだと思う。
僕はこの宣言当初から一貫して言っているように
ZEH住宅は建てません。

ニアリーなんていうゼッチもある。
ま、それならば長期優良住宅を建てる方がいい。
何故なら長期優良住宅は長期優良住宅法という
法に基づいて認定され建設するものだ。
ゼッチは法でも義務でもない。
将来の資産価値でも長期優良住宅が圧倒的に有利だしね。


えー。
まあまあ寒いぞ。




どこに行っても薪ストーブがあるって幸せ♪
お店も点火。

お客様からメッセージが。
「薪をたくさん焚けて楽しいしポカポカー」と。

極寒を耐え忍ぶのではなく
極寒を楽しむ家づくりをするように
世の中がなればいいですね♪



今日は2月9日
肉の日。。
どこも混雑。。

ここも混雑。

うまー


 

ワクワクカンパ


週末は寒くなりそうですね。
ま、昨年の秋にあれだけ大変な思いをしたのですから
まさか停電に何にも備えていない
おめでたい人はいないと思いますけどね。

寒くなると電気消費量が一気に増えます。
そこに頻繁にぶっ壊れる発電所の
タイミングが合っちゃうと。。。。

原発停止後はずっと綱渡りという
現実に変わりはないのですからね。
ここで何度も訴えてきていますが、
過去(特に2011年以降の1~3月)の
プレスリリースをご覧いただければ
寒くなる前に背筋も凍る事かと思います。

ただ。。。
寒波が来るという報道に
何故かワクワクしてしまう自分は変なのか?
35度とかならないかなぁ。。。



今週末(2/11迄)でRevoは冬休みに入ります。
セールを行っていますのでよろしくお願いします。
営業再開は3月下旬の予定です。
お陰様で10周年ですし結構模様替えする予定です。


いやー。無茶苦茶面白かったー。
その証拠に2時間と長いのに
本妻が何と!寝ないで見た!
キャストの豪華さもビックリ。
中だるみもなく最後までホント面白かった。
おススメよ♪



あー、、、、
悲しい。。。
ついに底をつく。。。泣



 

利他疲れ。。




東京の友人が日本の建築を
根本から変えようと頑張っている。
友達は非常に少ない僕ですし、
少しでも力になれたらと、
美幌建つ賃貸住宅を
彼の提案する工法で建てて業界に宣伝している。
ま、僕の力なんてアリみたいものだけど
やらないより少しマシかもなぁ。
業界誌の一面二面と占領。
ご存知の方も多いように
僕はマスメディアが嫌いだ。
特に自分の事でメディアに
取り上げられることは大嫌いだ。
でも、しゃーないわ。



広島から手もこじける
こがーにオホーツクに
建築おばさんがやってきた。
勉強熱心なことは素晴らしい事です。
特にここ数年、建築業界では、
全国からおもしろい北見のおっさんを
見に来ようという変なブームが巻き起こっている。
「来るもの拒まず、去る物追わず」
僕の基本的な考えではあるものの
なんか人様に物事を教えるほど偉いとは思っていないし
大体思ったことそのまま言うし口が悪すぎて
自分の評判を自分で下げるという自爆行為だし。。
来る人増えて少しだけ困惑中(笑)

ま、ご縁を頂いたことに感謝をし
僕に出来ることなんて知れていますが
全力でお相手いたしました。
(熟女でなければもっと頑張ったけど(笑))



オーナーさんにアポを取ってゆけば
片づけたり、お菓子を用意したり
いつも以上に盛ったりと
それなりに気を使ってもらうわけで
それはそれで恐縮ですし

かと言って
アポなしで行けば
それはそれでオーナーさんも精神的に・・・(笑)

という事で、アポなし、アポあり
と適当に混ぜてご訪問♪

おお、後ろから抱きつきたくなる。
旦那の出張中に今度は一人で来よう☆

やっぱ僕個人的には
対面キッチンよりオープンキッチンが好きだ。
ま、エボの奥さんはみんなかわいいし
対面でも全然OKだけど、いずれ経年劣化するわけだし(笑)




カフェはオープンしてません。
いつオープンするか知らないです(笑)
保健所とか手続きは進んでます。
エボ製の貴重な柾目オークのテーブルと
Revoチョイスのオークの椅子。
ナチュラル系のカフェで見かける
ケツの痛い安っぽい椅子とは違い
長時間座っていても心地よい
ペーパーコードの椅子。
Revoチョイスのコサインの
スーパーオーバル時計もかわいいですね。



店内は撮影禁止ですが、
(SNSによる拡散防止策)
まだ、オープンしていないので盗撮。
フレンチプレスしたコーヒー
激うま。ホントにうまい。
素人が申し訳ないと思いながらも
今迄何度も何度もダメ出ししてきていて
初めてダメ出し出来ませんでした。




プチ流氷見て


これ食べて。。

現場見せたり、お店見せたりと三日間。
少しでも参考になってくれれば幸いです。
少しでも広島の建築が良くなれば嬉しいです。




で、これを見て。
心のバランスを取る(笑)

ここ最近の利他疲れが・・・
自己中でここまで生きてきた反動かもなぁ。。


 

利己。


もう、何度見ただろうか。素晴らしい。
社会人なら是非見て欲しい。
2019年1月8日。
トヨタ自動車本社で実施された新年の社長年頭挨拶。
豊田社長は従業員を前に「プロを目指してほしい」
「自分のために、自分を磨いてほしい」と語った。
自分以外の誰かのためにではなく
「自分のためで良い」と伝えている。

全くもって同感です。

20年前僕は独立したときから今もずっと
「利他」なんてきれいごとじゃなく
「利己」。自分のために生きるべきと思ってきた。
1人1人がそう思う事で結果的に社会は良い方向に向かうと思う。
「自分のため」を深く考えてゆくと
人に尽くさなきゃならない場面に多く出くわすものだ。
何故ならどんなに強がっても人は一人では生きてゆけないから。

今迄にかなり多くの職人を見てきました。
下手くそも、偏屈も、一流も、三流も。。。
これからの若い職人は誰の為でもなく
自分のために技術を磨いて欲しい。
そう思う事で、新しい事への挑戦も
自分の技術の引き出しが一つ増えると思えば
「やらされている」という感情はなくなる。
材料が悪い、天気が悪い、道具か悪い
仕舞いには現場をうろつく野良猫が悪い(笑)
三流職人は自分の出来ない事を他のせいにする。
「工夫する」ということに知恵を働かせない。

「でも、だって、、、」

そして自分でも気づかないうちにペラペラと言い訳する
言い訳の天才に腕の良い職人は絶対にいない。
逆に言うと良い職人は言い訳しない。

大企業も年功序列から実力主義に・・
言い換えれば弱肉強食の時代に変革するんだと実感した。





もう、何度も見たくない。酷すぎる。
ま、言い訳はしません(笑)
ただ下手くそなだけ。
訳わからず闇雲に走っていた若い時と違い、
何をどうすれば速くなることがわかっていて
体が言う事を効かない。。
だから余計にこの下手さにイライラしてきます(笑)
老後の楽しみで走っているにしても
もう、ぶっつけ本番は無謀だな。
来年こそはちゃんと練習してから出よう。



ボロ事務所の雪下ろし。
降ろさないとすが漏りして室内が水浸しになります。
結構な重労働。
きっと工務店の社長さんってこういう作業は
従業員に押し付けるんだろうな。
あー、零細工務店は辛い・・・


赤鬼と・・


青鬼。。。

福は内。

 

長文。めでたし(読むな泣くぞ)

今日は朝から嬉しいお知らせがありました。
ただ、ここに来るまでの道のりは。。。

丁度ほぼ一年前の事。
誰も居ない無加川町の現場で一人でショベルで除雪していると、
遠くに住む数少ない年下の友人から電話が来た。
泣くようなキャラじゃないはずの彼の声は震え・・・

「大平さん・・残念なことにお腹の中で亡くなっていました」と。

8年前。彼らは結婚し僕はその彼らの結婚式の
友人代表をしたくらい仲のいい友人で、
優しい二人はとても仲も良く、
子供を強く欲しがるも、なかなか授からず、
不妊治療にも熱心に通い、そして昨年の年賀状には
「ついに授かりました。1月31日の予定日です」と。
もうどれだけ嬉しかったかは言うまでもありません。
しかし正月も明け、予定日を過ぎても連絡が無く
どうしたものかなと思っていた矢先の電話だった。

聞くと、臨月を過ぎて10日以上経ち
心配していると突然破水があり、ついにか!
と産科に行くも、その後何の変化もなく、
おかしいなと思いつつ、待てどなんの音沙汰もなく・・
病院側はそのまま待っていてくれの一点張り。。
週末という事もあり大きな病院も行かせられないとか・・・
月曜日。
あまりにもおかしいと病院が阻止することを無視し
病院から自分たちが救急車を呼ぶという前代未聞の状態に。
総合病院で帝王切開したときは既に赤ちゃんは星になっていた。

そしてその直後その場から
僕の所に電話が来たというところだった。
「嫁さんはまだ麻酔から覚めず寝ています」
「どう伝えたらいいのか。。。」

奥さんが結果を聞けば激しく悲しむに違いない。
「もう少し早く連れてきてくれれば」
と言う雰囲気の搬送された総合病院。
悔やんでも悔やみ切れない思い。
「大平さん。どうしたらいいのですか?俺は・・」
声にならない声だった。

「大事な事だけ言う。半分医療ミスみたいことだけど
病院を恨むな、怒るな、責めるな。そんなことをしても
もうお前の娘は帰ってこない。後ろを見るな。下も向くな。
前だけ見て進むんだな。おまえがそうじゃないと
奥さんはどうなっちまうかわかんないぞ!
嫁さんまで自殺でもしたら二次災害だよ。
しっかりしろよ。メソメソすんな男だろーが」

こんな事を言った記憶がある。

彼はハッとしたのか、
無理しながらも少し力強くなった声で
「はい!わかりました!」

そこで僕は
「いいか、例え普通に生まれてきたからと言って、
子は親の鏡。
もしかしたら将来ヤリマンの女になって、
今以上に悲しい結末になっていたかも知れないじゃないか。
お前。もしかして頭の中で優等生の可愛い娘を空想してんじゃねーか」


彼の声が大きくなった。
「いくら大平さんでも、こんな時に言っていい事と
悪いことがありますよ。マジ頭に来ました!ふざけないで下さい!」


普段おとなしい彼がキレた!
少しビビった(笑)
「そうか。そんなに腹立つなら俺を殴りに来いよ
今すぐ来いよ。いつでも相手してやるしさ。
ま、今は取り込んでるだろうから
少しくらいなら待っててやるよ。」


「・・・・」
返事なし。。

「あ、それと殴りに来るときは奥さんも連れて来いよ
お前の種じゃだめだ。次はおれが何とかする


笑いをこらえながら(だと思う)
「もぅ。大平さん。。それはダメです」

「そうか、じゃあ次はちゃんといい種を仕込むんだな
じゃないと許さん。しっかりしろ。」

励ましたのか、傷口に塩なのか?
わかんないまま電話を切った。
ショベルカーの中で30分以上話したと思う。
作業を再開するも雪が降ってきたのか
ワイパー全開で除雪するも吹雪いてきて見えにくい。
あれ?
外はいい天気。
珍しく目の周りが猛吹雪だった。


その後、彼らは一瞬でもこの世に舞い降りた娘に
しっかりと可愛い名前も付け、出生届も出し
そして告別式も行った。
彼らの思いは言葉には出来ないくらい辛かっただろう。

でも、僕の生き死にには関係ないし(笑)
そんな事で、その後もそんなノリで
無責任に電話したりした。


彼は仕事柄レース放送によく映る。
「おーい、今日も映ってたぞー。かっこええーぞー」と
テレビの画面を写した写真をメールする。
そんなやり取りで彼らの近況も探ったりしてた。
昨年の秋頃だったか。。
いつものようにメールした。
そうしたら電話が来た。
「大平さん実はもう安定期なんです♪」
「なんと予定日は全く同じ1月31日なんですよ!」


奇跡が起きた

「そーか♪良かったなぁ。おめでとう!」

とは言わななかった。

「こら、お前ら落ち込んだふりして
すぐに仕込んでんじゃねーよ」


「すみません。前を見て進まなきゃと思って」


そして。。
今日の朝連絡が来た。
「大平さん!無事生まれました」と。
元気な男の子。
男で良かったと内心ほっとした。
お星様になった娘と重ね合わせることも
ヤリマンになる心配もないし。。

「で、名前どうする?」

僕と友人の考える名前。

斗蓮之
トレノ(TE37)

星列斗
スターレット(KP61)

蘭獲棒
ランエボ

バカとしか言いようがない。
という事実は小説より面白いという話しでした。






そんなこんなで今日はご機嫌で、
住宅模型作る予定が・・・
そんな真面目な気分にもならず
こんなものを作ってしまう。
56歳。自分のバカさに呆れまくる。

お祝いにこの模型を彼らにプレゼントしようかな(笑)










リタイアすれば無意味だよ。完走しないとね。

ほれほれ。
まだまだこれから年数が経てば経つほど
厄介な問題になりますよ。。
どんなものでもメンテもせずに
安全安心なものはありません。
薪ストーブだって煙突掃除を怠れば
突然煙道火災とかリスクがある。
太陽光パネルだって当然同じ。
ただ、パネルのメンテをするなんて聞いたこと無いです。
危ないなぁ。
だから臆病なエボホームでは屋根に太陽光パネルを
たった一枚も取り付けたことが無いのです。


次の現場の申請図面が書き終わる。
ここから先の構造計算や長期優良住宅の
認定業務などは外注先の設計事務所にメールして完了。
で、
エボホームでは今年から屋根組の施工法を変える。
ま、お客さんにはあんまり関係ないけど
三角屋根の構造をタルキ式からトラス式にする。
過去にも施工したことはあるが
コストアップにはなるものの、
工期短縮やそして何と言っても
最上階の間仕切りがフリーになるというメリットが。
例えば二階建てなら将来二階の間仕切り壁を全部解体して
二階のスペースをワンフロアーにして卓球場にも出来る(笑)
とか、子供も片付いて老夫婦二人になったときには、
一階のみを居住空間として、
二階はオフィスとして貸すとか、
カフェを営業するなんてことも可能なんです♪




嫌いな図面書きも終わり排雪作業へ。
ここの場所という事ではないのだけど、
大概どこの古めの住宅地に行っても
ショベルカーで作業していると
ショベルカーの音を聞きつけた
お年を召したご近所のおじさまが出て来て
自分ちの除雪作業をしたフリをして
ジロジロとこっちを監視する。
まるで一粒でも俺の方に雪を落としたら
絶対許さんと言わんばかりの形相だ。
以前花月町で僕が実際に言われた話だけど
「道路についたショベルカーのタイヤの跡を消して行け」と。。
全然怖くないけど、怖いわー(笑)

ま、暇だな。

きっといい会社に勤めてて
たくさんの退職金もらい
毎月15日には国からお金も支給され悠々自適なんだろね。

僕はリタイアはしない。
ビリで遅くても完走します。
生涯現役。
ていうか大体もって退職金が無い(笑)
だから死ぬまで働くしかない。。。

どんなに年をとっても何らかの形で
誰かに必要とされ、喜ばれる人でいたいものです。
世間に必要とされず無視されることくらい
辛いことは無いだろーな。

春になったらどうせ融ける雪に命を懸け、
家では奥さんに相手にされず、
口から出る言葉は「飯、まだか?」
そしてお金以外の用事では育てた子供も寄り付かず
そんな暇な老害老人にだけは絶対にならないぞーー(笑)










エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ