カレンダーからの検索結果

老爆


来週地鎮祭を行う現場。
まぁ、空き地は雪を押される宿命。
土が凍るので除雪はギリギリまでしない。

10年前くらいに実際にあった出来事。

丁度今時期の3月の地鎮祭の朝だった。
前の年の違う現場で地鎮祭を行うのに
ご近所の雪を押され
(おそらく個人所有のショベルの仕業)
大型ダンプ10台くらいの雪を捨てる羽目になり
大損害した教訓を生かし
この場所も近所に空き地の少ない地域だったので
前の年の雪が降る前に柵を設置して
雪を捨てられるのを防御して冬を迎えた。

そして地鎮祭当日。

予定通り敷地の雪は自然に降っただけ少し積もり、
朝からタイヤショベルで除雪作業をしていると、
お隣の60~70歳くらいのじいさんが出て来てこう言われた。
「お前か!ここに去年柵をして行ったのは!」と。
「はい、そうです」と答えると
「ここに雪を捨てられなったから遠く(50m位先)の
公園まで雪を押してゆかねばならなくなったじゃないか」
と。。
今までずっと勝手に人の土地に雪を捨てておいて
何とも理不尽なことを言われたのだが
今日はめでたい日でもあるしと
あーだこーだと、かなり長々と説教に耐える。
理不尽な話は中々終わんない・・・
建て主さんも、そろそろやってくる。。
焦る。。
けど、じいさんの話は終わんない。
そしてこう言った。
「あんたらのせいで、遠くまで雪を押したから
腰が悪くなり病院通いしてんだよ!
だから病院代を出せ、お見舞いも持ってこい!」
と。。。

もうさすがにこれは。。。
ショベルカーから飛び降りて・・・
じいさんの10センチ前に仁王立ち。。

「あのね♪おじいさん・・」と

一緒に作業してた当時働いていた淳っていう大工が
「社長、やめてーー」と冷静に僕を止めてくれて
何も起こらなかった(笑)
今でも淳には感謝してる。

丁度、そこの奥さんが気がついて出て来て
しきりに僕に謝っていた。。
雪は時に人をナーバスにするものです。

話は盛ってません。
事実は小説より・・ですね。

いや、ニュースを見てても
キレやすいじいさんが多い今日この頃。
シルバーモンスター
どうしてなんだろう・・・



現場。
ここ最近暖かいので、もしかすると外壁を仕上げるかもと。
エボホームの家はモルタル工法なので寒いと仕上げられない。
なので寒い場合は外壁の仕上げの工程を残して一度足場を外し
暖かくなってから再度足場をかけて仕上げることもある。

そのつもりでいたけど、確かに最近暖かい。


とうこで、急遽仕上げた後に外壁に取り付ける
テーマパーク風部材を段取りする。
アイアンサイン、アイアンフラワーボックスなど発注し
サーモウッドで窓飾りを製作。

使用するビスは錆に強いステンレスビス。
なんか他のウッドデッキとか見てると
普通の鉄のビスで作っているのが多い。
こういう事が大切なのにね。。


わざと傷をつけたりしてます。
寸法もアバウトに切っています。
ちゃんと作るよりムズい。
明日塗装して出来上がりーー


 

エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ